Preserved Flower

プリザーブドフラワーで部屋と自分を飾る

フラワーアレンジメント

プリザーブドフラワーは保存液に浸して乾燥させた生花です。生花より長持ちしますし、いろいろなシーンで使われていますね。
今は結婚式で使われるブーケにもプリザーブドフラワーが使われているそうです。そして、結婚式のテーブルの中央に飾ってある花も最近はプリザーブドフラワーが増えてきているようです。プリザーブドフラワーの魅力は水入らずで、乾燥した場所に強いといったところでしょうか。結婚式場には実に向いていると思われます。
器を用意していけば、結婚式場のお花はもらえるはずですから、プリザーブドフラワーを自宅に持ち帰ることも可能です。プリザーブドフラワーは実に繊細にできているので、紙袋に入れてそのまま持ち帰ると中で粉々になっている危険性があります。プリザーブドフラワーの部屋での飾り方は個々の自由です。おすすめの飾り方はガラスに入れて可愛く魅せる方法ですね。四方八方から見ても鮮やかな生花と変わらない魅力を持つプリザーブドフラワーは、ガラスに納めてこそ魅力を最大限に発揮すると思うんです。
好きなプリザーブドフラワーをアクセサリーにして持ち歩くのも素敵ですね。本物の生花さながら、魅力の色あせないプリザーブドフラワーはアクセサリーのパーツとしても適しているんです。花が好きな人にはたまらなく魅力的なアイテムとなってくれること間違いなしです。

CONTENTS

TOP