Preserved Flower

プリザーブドフラワーの魅力とは

カラフルなお花

プリザーブドフラワーというのは生花に保存液、着色料といった特殊な液体を吸わせたモノを乾燥させて作られています。ほとんど生花を変わらないように見えますが長期的に保つことが出来るのが特徴と言えます。
なので結婚式のブーケ、プレゼントやインテリア等に使用されます。長期的に花を楽しむことが出来る点ではドライフラワーに似ていますが、ドライフラワーと異なり鮮やかな色と柔らかい花弁が残っているのがプリザーブドフラワーと言えます。
プリザーブドフラワーの魅力は花をキレイな状態で長く楽しむことが出来る点です。特に記念日に使用した花というのは思い出と共に残しておきたいという人が多いのではないでしょうか?結婚式のブーケなどがその最もたるモノだと言えますし、最近では母の日様のカーネーションなどでもプリザーブドフラワーが販売されています。
枯れずに残しておける、長く花を楽しむことが出来るという点ではかなりプリザーブドフラワーは重宝しますし、きちんと手入れをすれば10年くらい保存することが出来ます。ただ欠点としては生花と比較してかなり値段が高額な商品が多い点です。ですが長年愛でることが出来るので十分に元が取れるといってもいいでしょう。
また生花だと鉢植えなどは手入れが大変で、すぐに枯らしてしまうという人でもプリザーブドフラワーならそんな心配はありません。手入れといってもせいぜい埃を払ったり拭くくらいのモノです。

CONTENTS

TOP