Preserved Flower

CHOICES POST

カラフルなお花

プリザーブドフラワーの魅力とは

プリザーブドフラワーというのは生花に保存液、着色料といった特殊な液体を吸わせたモノを乾燥させて…

more
花束

プリザーブドフラワーを飾りませんか?

プリザーブドフラワーってご存じでしょうか?昔から聞き覚えがあるのは、ドライフラワーかも…

more
フラワーアレンジメント

プリザーブドフラワーで部屋と自分を飾る

プリザーブドフラワーは保存液に浸して乾燥させた生花です。生花より長持ちしますし、いろいろなシー…

more
チューリップ

プリザーブドフラワー美しさを楽しみたい

生花や葉の水分を抜いたプリザーブドフラワーは保存環境が良ければその美しさを長く保ってくれるので…

more

大阪ではプリザーブドフラワーのプレゼントが主流

皆さんは今大阪で人気のプリザーブドフラワーという言葉を聞いたことがありますか?プリザーブドフラワーとは、生花や葉を脱色し、好みの色の着色液によって色をつけられた花のことです。
大阪ではプリザーブドフラワーや生花は、母の日や誕生日、お祝いのプレゼントに選ばれることが多いです。あなたならプリザーブドフラワーと生花のどちらをプレゼントしようと思いますか?生花は、花粉に弱い人や、花の色のバリエーションにこだわる人にとってはあまりおすすめできませんが、香りがちゃんとあり、人によって加工されたものよりも心に残るという意見も少なくないです。一方プリザーブドフラワーは、香りが無臭なため人体に無害であり、生花と比べてバリエーションが豊富です。また、水を与える必要がなく寿命が長いというメリットもあります。ですが、デメリットもいくつかあります。まずは、販売価格が高いということです。プリザーブドフラワーは生花を加工したものであるため、必然的に値段は上がります。ちなみに大阪ではプリザーブドフラワーは、生花のおよそ3倍の値段だそうです。次に、これはプリザーブドフラワーの特有の短所ではないですが、直射日光に弱いことです。強い紫外線が当たることで、徐々に退色してしまいます。ほかにも、水気や乾燥に弱いというデメリットも存在します。どちらの花をプレゼントするにしても、花の特性や相手の気持ちをちゃんと考えて決めることは大事です。

大阪で人気のあるプリザーブドフラワー

最近大阪で人気のあるプリザーブドフラワーとは何かご存知でしょうか?日本語で"保存された"を意味するプリザーブドを名前に持つように、プリザーブドフラワーはドライフラワーや押し花のように長期保存が可能です。しかし、ドライフラワーや押し花との違いはそのリアリティ!まるで生花のような状態が何年も続くのです!そんなプリザーブドフラワーの魅力や注意点についてまとめてみました。
プリザーブドフラワーの一番の魅力といえば、やはりその自然な見た目でしょう。初めて見る方はそのリアルさに驚いてしまうかもしれません。水やりの必要がないためアレンジの幅も広がることも利点の一つです。花を加工する過程で着色もできるので、生花には珍しい青や緑色の花も作ることができます。
保存状態が良ければ十数年間にわたり美しい状態を維持するプリザーブドフラワーですが、高温多湿に弱いため、飾る場所には注意が必要です。直射日光の当たらない、涼しいところに飾りましょう。
生花よりも軽く、贈り物として持ち運びも楽なプリザーブドフラワーですが、デメリットとしては、比較的新しい分野のため、種類が少なめで、花ではローズやカーネーションが主です。また、大阪では価格も生花よりも少し高くなっています。
利点や注意点を知って、プリザーブドフラワーの魅力を存分に大阪で楽しんでくださいね。

大阪で結婚した際に頂いたプリザーブドフラワー

大阪で私が仕事でお世話になっていた方から、とてもきれいなプリザーブドフラワーをいただきました。私が大阪で結婚を機に退職する時にでした。白いハートの器に入った、ペールカラーのプリザーブドフラワーは、新しい生活に旅立つ私の気持ちにぴったりのものでした。他にも生花をいただいたりもしましたが、新生活に持っていくことができたのは、いただいたプリザーブドフラワーです。枯れることなく水も入らず、場所もどこにでもおくことができる、とても素敵なプレゼントをもらったなと思っていました。このプレゼントをくれた人は、とても色が白くて華やかで、ピンクやホワイトと言ったカラーをいつも身に付けている人でした。そのため、このプリザーブドフラワーを見るたびにその人のことを思い出します。プリザーブドフラワーは変わらないので、それをくれた人の印象もずっと変わらないのです。大阪で結婚して数年が経ちますが、そのプリザーブドフラワーを見ると、退職をし結婚生活を夢見ていた頃の新鮮な気持ちをいつも思い出します。
プリザーブドフラワーを贈る相手に、自分自身の事も忘れないでいてほしい場合、自分自身のキーとなるものをその花々の中に込めるといいかもしれません。

CONTENTS

TOP